【中長編】うさぎ強盗には死んでもらう

天才賭博師『うさぎ強盗』をめぐるハイテンション・サスペンス活劇


作品名うさぎ強盗には死んでもらう
作者橘ユマ
文字数約13万2000字
所要時間約4時間25分
ジャンルサスペンス/アクション
作品リンクカクヨム
書籍版角川スニーカー文庫

レビュー

By Robber Rabbit――GOOD BYE! Jack Pistols! Catch me if you can! HAHA!


電脳カジノ『ジャック・ピストルズ』に突如現れた稀代のポーカー・プレイヤー『Robber Rabbit(うさぎ強盗)』。わずか2カ月で瞬く間に獲得賞金額ランキング2位まで登りつめた天才賭博師の正体はなんと…!?
――2014年上海。電脳カジノから大金をせしめ、上海最大手のマフィア『九龍新会』を敵に回したうさぎ強盗のもとに次々と差し向けられる刺客たち。恩師を殺されて憎悪をつのらせる殺し屋『鈴蘭』はうさぎ強盗を追うが、相手はむしろみずから進んで彼女に近づいてきて…!?
――2015年京都。空き巣に入った部屋でのんびりとじゃれ合う泥棒コンビ・黒崎雅也と天野樹里は、その部屋の住人が何らかのトラブルに巻き込まれているらしいことを知る。そして、人身売買組織『M&D』に恋人を殺された男・篠原斗真からある話を持ち掛けられたうさぎ強盗は…!?

裏社会を騒がせる規格外の天才賭博師『うさぎ強盗』をめぐり、過去と未来が交錯する見事な叙述トリックのハイテンション・サスペンス活劇。

シーンpickup
「……ねえ、鈴蘭さん、何でうさぎ強盗が、『ジャック・ピストルズ』に喧嘩売ったのか、考えたことある? バックに構える九龍新会に懸賞金かけられるのを考えたら、一三〇〇万ドルでも割に合わないのにさ……」
「……それでもお金が欲しかったんでしょ?」
「……違うよ」
「他に何があるの?」
「……うさぎ強盗はただずっと、あなたに会いたかっただけなんだ。そしてやっと、あなたたちの世界に入れた」

(2014年上海。うさぎ強盗と殺し屋『鈴蘭』。)
「あなたが執念深い復讐者である確信――あなたはどんな状況下でもM&Dに刃向かうのだという保証が要るのさ。いざというときに寝返る手駒は要らないからね。ほら、ちょっと自己アピールしてみてよ」
「…………」
「あなたはどれだけ、須崎奏を愛してたの? 須崎奏はどれだけ熱く、あなたを復讐に駆り立てる?」
「―――私は、復讐なんて考えていません」
「あれ? 奏さんとやらのために復讐しようってんじゃないの?」
「私は、私の意思と責任をもってM&Dを抹殺しようと決めたんです。奏は関係ありません」

(2015年京都。篠原斗真とうさぎ強盗。)
「雅也の兄さん」
「今ダミーコードの相手で、手と目が動かせない。用があるならそのまま話して」
「私にも、構ってください!」
「お前は何を言っているんだ」
「何でも良いのです! 絡んでくれるなら何でも良いのです! 嫌がらせのごとく髪の毛ワシャワシャする感じでも良いのです!」
「口は空いてるから、お喋りならしてやれるよ。同時にいくつものことをするのは得意だからさ」
「……兄さんの難しいこと平然と言うところ、実はたまにドン引きしてます」
「……ええ、特に知りたくもない事実……大体、それって俺が悪いわけじゃないような……」

(2015年京都。黒崎雅也と天野樹里。)
「で、今回も厄介ごとにでも巻き込んでくれるん?」
「……あ、うん、今ちょっと『M&D』ってとこの京都支社と揉めてるんだ」
「ああ、良くも悪くも噂の絶えないところやね。うん、これは丁度ええね。最近心がうずいてるんよ。非日常的な刺激が少なすぎてな」
「二十四歳はそういう台詞発しちゃ駄目だと思うよ?」
「ボクが病にかかるのは、ボクのせいやない。世界の頭が悪すぎるんや」

(2015年京都。うさぎ強盗とヘイルムダルム。)


0 件のコメント:

コメントを投稿